a perfect day for gingham check

le tumblr site de yuichi hiranaka

voir également…
www.yuichihiranaka.com
facebook yuichihiranaka.page
twitter @yuichihiranaka



Nicolas Canteloup
Humoristes français qui m’ont fait rire n°6
夏休み フランスお笑い祭り ⑥


*物まね、新次元*

夏休みプロジェクト、としてお付き合いいただきました、フランスのお笑い芸人、ユーモリスト、すなわち*お笑いフランセ*を日本に紹介してみる! というチャレンジングなこのシリーズ;)
夏の終わりとともに、今回でひとまず最終回、ということで。。最後に、これこそいま現在のフランスで、
非常に人気のこの人を。。:Nicolas Canteloupです。

所謂物まね、形態模写が芸の中心、という人はフランスのユーモリストにももちろんたくさんいます。
しかし、ひとつには、これは話芸、という部分が大きいだけでなく(その人がいかにもいいそうな、でもほんとはいわないこと・いったら面白そうなことをいう、というのがミソですから;)

また模写の対象がフランスの有名人だったりすると、フランス国外では判りにくい、という問題があります。
ここにはけっこう面白い人が多く、また、日本ではないような発想やレヴェルの芸があり、ほんとは注目、なのですが、、
Nicolas Canteloupもそんななかのひとりで、
今回この人をそれでもやはり紹介しておきたい、と思うのは、現在の売れっ子である、ということ以上に、
この人の物まねは、従来の物まねに対し、ひとつ、別の次元に入っている…と思ったから(笑)

TF1だったと思うのですが、レギュラーで夜、帯番組(?)を持っていて、
これはNikos Aliagasという、これもよく見る司会者とふたりでやってたのですが、こちらはたぶんギリシア系で、いかにもメディテラネ、*地中海のセクシーな中年*のようなものを目指したいんだろうなぁ…という感じのおじさんです。成功しているかは、微妙、というか、*メディテラネのセクシーな中年*、ということばからどういうイメージを持つかによる、と思います。
5秒間頭に思い描いてから、リンクを開いてみてください: こういう人です。

日本でもよくあるように、この司会者が、
「どうですか、○○さん?」と対象人物を名指して物まねに入る、というかたちで、
基本、時事ネタ、政治家、芸能人、スポーツ選手、男女を問わず、
この人、もうだれの真似でもできるんじゃないか??…
と思わせるような巧さ。。。
と、ここまではすごいけど、まぁ、ふつう;)
ところで、この番組のいわば*相方*である、
この地中海の色オヤジの物まねも、Nicolas Canteloupはもちろんできるわけです。
そこで、スマート、とはあんまりいえないこの司会者が、自分の思い通りの応答をしてくれないとなると、
本人を目の前においたまま、
アテレコをつけるように、自分のいってほしいこと、
質問、返答、フリ、突っ込みを、どんどん自分で、
この司会者の本来受け持つはずの部分まで
勝手に物まねでいいながら、
ひとりで会話、ネタを展開していくのです。
ある意味、これは、政治家やスポーツ選手の画像を見せながら、物まねでその人物の台詞をしゃべるのと同じ、
要するに、司会者は映像がわりに顔だけ見せて、ただ単にそこに座っていればそれでいい、というようなことになっているわけで、
これを見た時、僕は
*物まねのまったく新しい次元を見た…*
と思ったわけです(笑)

…ほんとはなにかひとつ、ヴィデオもクリップしよう、と思ったのですが、
あれこれ見て、自分で笑っただけ、結局ひとつを選ぶことができませんでした。…TF1が独自に画像をネット配信していて、権利関係にうるさく、YouTubeなどに流れないようにしている、ということもあるんだと思います。
しかし、TF1のサイトの映像が日本から見られるか、は不明の上、
そんな心配しなくても、フランス語なんか判るのはフランス人とアフリカ人だけじゃあ。。などとと茶化したいような気もややするのですが…w

関心のある方は、とりあえずYouTubeで、Nicolas Canteloup 、検索してみてください。
問題のTF1の番組こそ出てきませんが、たくさんの映像が出てきます。

dvdだと、日本で入手できそうなのはこのあたり  でしょうか。。;)

 ***

…というわけで、2014年夏休み特別企画、フランスお笑い芸人、*お笑いフランセ*大特集。
お楽しみいただけましたでしょうか。
なにしろ*話芸*、言語の部分が大きく、いくらあれこれ説明したところで、本当の面白さは伝わるべくもない、
というのは、端から覚悟しておりましたが
しかしまぁ、伝わらないものを伝えようとする、というのは、ある意味では文学の本質;)

話題として、日本人にはあまり興味がなそうだし、
厳しいかなぁ、、と思ったのですが、
ともかく、当初念頭にあった全6組を紹介しきった、という意味で、僕としては、一応、満足です:)
*ことばの国*フランスは、お笑い大国でもあること、
フランス人はお笑いが大好きで、
フランス語はお笑いにも非常に適した言語なんだ、
というあたりが印象に残り、
何かの折りに、
そういえば、あそこに何か書いてたよな。。
と、このシリーズのことを思い出し、ご参照いただければ本望です:)


yuichihiranaka: 
この記事は面白かったですか? ソーシャルメディアでも更新をフォローして下さい。

Follow @yuichihiranaka!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?'http':'https';if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+'://platform.twitter.com/widgets.js';fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, 'script', 'twitter-wjs');




…既にフォロー済みですか? それではGoogle提供のクリック広告をどうぞ;)

Nicolas Canteloup
Humoristes français qui m’ont fait rire n°6
夏休み フランスお笑い祭り ⑥

*物まね、新次元*

夏休みプロジェクト、としてお付き合いいただきました、フランスのお笑い芸人、ユーモリスト、すなわち*お笑いフランセ*を日本に紹介してみる! というチャレンジングなこのシリーズ;)
夏の終わりとともに、今回でひとまず最終回、ということで。。最後に、これこそいま現在のフランスで、
非常に人気のこの人を。。:Nicolas Canteloupです。

所謂物まね、形態模写が芸の中心、という人はフランスのユーモリストにももちろんたくさんいます。
しかし、ひとつには、これは話芸、という部分が大きいだけでなく
(その人がいかにもいいそうな、でもほんとはいわないこと・いったら面白そうなことをいう、というのがミソですから;)

また模写の対象がフランスの有名人だったりすると、フランス国外では判りにくい、という問題があります。
ここにはけっこう面白い人が多く、また、日本ではないような発想やレヴェルの芸があり、ほんとは注目、なのですが、、
Nicolas Canteloupもそんななかのひとりで、
今回この人をそれでもやはり紹介しておきたい、と思うのは、現在の売れっ子である、ということ以上に、
この人の物まねは、従来の物まねに対し、ひとつ、別の次元に入っている…と思ったから(笑)

TF1だったと思うのですが、レギュラーで夜、帯番組(?)を持っていて、
これはNikos Aliagasという、これもよく見る司会者とふたりでやってたのですが、こちらはたぶんギリシア系で、いかにもメディテラネ、*地中海のセクシーな中年*のようなものを目指したいんだろうなぁ…という感じのおじさんです。
成功しているかは、微妙、というか、*メディテラネのセクシーな中年*、ということばからどういうイメージを持つかによる、と思います。
5秒間頭に思い描いてから、リンクを開いてみてください: こういう人です。

日本でもよくあるように、この司会者が、
「どうですか、○○さん?」と対象人物を名指して物まねに入る、というかたちで、
基本、時事ネタ、政治家、芸能人、スポーツ選手、男女を問わず、
この人、もうだれの真似でもできるんじゃないか??…
と思わせるような巧さ。。。
と、ここまではすごいけど、まぁ、ふつう;)
ところで、この番組のいわば*相方*である、
この地中海の色オヤジの物まねも、Nicolas Canteloupはもちろんできるわけです。
そこで、スマート、とはあんまりいえないこの司会者が、自分の思い通りの応答をしてくれないとなると、
本人を目の前においたまま、
アテレコをつけるように、自分のいってほしいこと、
質問、返答、フリ、突っ込みを、どんどん自分で、
この司会者の本来受け持つはずの部分まで
勝手に物まねでいいながら、
ひとりで会話、ネタを展開していくのです。
ある意味、これは、政治家やスポーツ選手の画像を見せながら、物まねでその人物の台詞をしゃべるのと同じ、
要するに、司会者は映像がわりに顔だけ見せて、ただ単にそこに座っていればそれでいい、というようなことになっているわけで、
これを見た時、僕は
*物まねのまったく新しい次元を見た…*
と思ったわけです(笑)

…ほんとはなにかひとつ、ヴィデオもクリップしよう、と思ったのですが、
あれこれ見て、自分で笑っただけ、結局ひとつを選ぶことができませんでした。
…TF1が独自に画像をネット配信していて、権利関係にうるさく、YouTubeなどに流れないようにしている、ということもあるんだと思います。
しかし、TF1のサイトの映像が日本から見られるか、は不明の上、
そんな心配しなくても、フランス語なんか判るのはフランス人とアフリカ人だけじゃあ。。などとと茶化したいような気もややするのですが…w

関心のある方は、とりあえずYouTubeで、Nicolas Canteloup 、検索してみてください。
問題のTF1の番組こそ出てきませんが、たくさんの映像が出てきます。

dvdだと、日本で入手できそうなのはこのあたり でしょうか。。;)

***

…というわけで、2014年夏休み特別企画、フランスお笑い芸人、*お笑いフランセ*大特集。
お楽しみいただけましたでしょうか。
なにしろ*話芸*、言語の部分が大きく、いくらあれこれ説明したところで、本当の面白さは伝わるべくもない、
というのは、端から覚悟しておりましたが
しかしまぁ、伝わらないものを伝えようとする、というのは、ある意味では文学の本質;)

話題として、日本人にはあまり興味がなそうだし、 厳しいかなぁ、、と思ったのですが、
ともかく、当初念頭にあった全6組を紹介しきった、という意味で、僕としては、一応、満足です:)
*ことばの国*フランスは、お笑い大国でもあること、
フランス人はお笑いが大好きで、
フランス語はお笑いにも非常に適した言語なんだ、
というあたりが印象に残り、
何かの折りに、
そういえば、あそこに何か書いてたよな。。
と、このシリーズのことを思い出し、ご参照いただければ本望です:)


yuichihiranaka:
この記事は面白かったですか? ソーシャルメディアでも更新をフォローして下さい。

…既にフォロー済みですか? それではGoogle提供のクリック広告をどうぞ;)

Reblogged from themountainlaurel

Gaspard Proust
Humoristes français qui m’ont fait rire n°5
夏休み フランスお笑い祭り ⑤

“Je suis un cartésien désabusé, c’est-à-dire que, je pense, donc je suis, mais je m’en fous !”

さて、この際、さらに趣味に走って(笑)
僕としてはぜひご紹介してみたいのがこちら、Gaspard Proust;)
ここまでの面々は、今時の、フランスではかなり人気の*お笑いフランセ*ばかり、でしたが、この人は、、、
もちろん、知られてないわけではないし、最近は映画にも出たようですが、
フランス人の間でも、そこまでポピュラーではないかもしれない、という印象もあります;)

…そういえば、見た目も、今風、というよりどこかちょっと、ツィードのジャケットあたりでも着せたら、60年代フランスの大学生風、というようなところもありますね(勝手な偏見ですが;)

しかしこの人をはじめてちらっと見たとき、やっていたネタが、僕にはインパクトがありまして、、、
というのも、いきなり、
アルトゥール・ルビンシュタインは、いわばピアノのジュリー・レスコーである”
と始まったからです。

しかもそのあとに、例えば、僕は幻滅しきったデカルト主義者である。すなわち。。
などというネタもあり、

…フランス語だと、上に既に引用した通り:
«Je suis un cartésien désabusé, c’est-à-dire que, je pense, donc je suis, mais je m’en fous !»

これが面白い、と思ったのはつまり、
こういうお笑いが、日本であり得るか、といったら、 まぁ、絶対あり得ない(笑)
日本人は、こういう*知的*なネタには、たぶん耐えられない、
そしてそれは、おそらく、芸人に対して一種の劣等感を感じ、笑えないのではないか、、、などと考えさせられたからです;)

この人、フランス語の判るひとは特に、ぜひ見てみてください。
日本でも入手できそうなのは dvd、tapine ですが、
YouTubeを見ていると、なんと、僕が最初に見た、
その問題のネタが、そのままアップしてありました :P

改めてチラチラ見てみると、
オスカー・ワイルドのすばらしい引用、なんかもありますね。
これ、出典、なんなんでしょう?
上記のデカルトねたも、この口吻があってはじめて面白い、
という気もします;)

いや、僕はかなり面白い、と思うんですけど。。
如何でしょうか:)


yuichihiranaka:
この記事は面白かったですか? ソーシャルメディアでも更新をフォローして下さい。

…既にフォロー済みですか? それではGoogle提供のクリック広告をどうぞ;)

Reblogged from shortsandseashells

Éric et Ramzy
Humoristes français qui m’ont fait rire n°4
夏休み フランスお笑い祭り ④

さて、ここまでご紹介した3組は、映画を通じて、日本でも知っている人は知っている、という*お笑いフランセ*の人たちでした。

ここらでひとつ、フランスでは人気、でも日本ではもしかしたら無名かも。。とも思われる、このコンビを紹介しておきます:Éric et Ramzyです。
写真でいうと、スキンヘッド(フランス語発音だとスキネード;)がÉric、ひょろっとしたほうがRamzy、です。

このふたりも、じつは映画にはいろいろ出ているのですが。。
日本公開されていない気が。。w

僕が最初に観たのは
La Tour Montparnasse infernale
訳すと、地獄のモンパルナス・タワー(?)
まぁ、あからさまに、ダイ・ハード、さらにはもちろん、タワーリング・インフェルノなんかも念頭においた、パロディ映画。。
いや、はっきりいって、バカ映画(!笑)

こちらはbande annonce、予告編

この面白さ、ダメダメな感じ(?笑)は、まず舞台、 パリのモンパルナス・タワー、というところから始まります。
これはパリ市内にある、唯一の*超高層ビル*
古い美しい街並みを壊す醜悪な建物、としてつとに有名なわけですが(笑)
エッフェル塔やルーヴル美術館のガラスのピラミッドなど、
パリではこれまでも新奇な建物が景観を壊す、とスキャンダルになる、ということが繰り返され、
そのたびにそれぞれの新しい魅力が認められ、
ついにはパリのランドマークとなってきた、という歴史があります。
この*伝統*、*ジンクス*をついに破るのではないか、 とも囁かれるのがこの建物、
つまり、それだけ普遍的に醜い、ということなのですが(笑)

この非常に残念な建物の周囲を(笑)
小銃を下げた軍人がしばしばパトロールしているのを見かけます。
ポスト9/11の対テロ戦争の現代、
この建物はパリでいちばん高い建物だから、
狙われてはいけない、WTCのようなことになっては大変である、という
フランスの真面目な危惧をも感じるのですが、
…映画自体は9/11のぎりぎり前、ということになると思います。
それだけに、ちょっとおかしい、というか、
いや、そりゃあパリじゃいちばん高い建物かもしらんけど、
あのねぇ、WTCって、見たことある? あれは、ほんとにデカかったんだよ?
こんなちっちゃいビルに、どうやって旅客機ぶつけるの?? はみ出るでしょう!!
とか、思わずからかいたくなるような。。(笑)
いや、でも心配である、
このビルは、それでも大きいのである、
きっと狙われるに違いない。。
とか、真面目に思ってるんだろうなぁ、などと思うと、
そのだいじにしている感じが(しかもこんな建物を…;)
不謹慎ですがちょっとふきだしちゃうような…そういうビル、なわけです。
ここがまず、ひとつ目のポイント;)
こういう建物です。

バカ映画、と書きましたが、この作品の面白さは、 次に、またひとつ、大きくこの凸凹コンビの掛け合いの面白さにあり、
これがなんとも、ほんとにダメな今どきの若者の会話、 いや、もちろん、ここまでのことはないですが、
聞いていると、いかにもいまのフランスの、街場のダメな兄ちゃんの会話、
こんな人、いるいる~!!w
というようなところでの笑いがあるわけです。
…いや、まぁ、いないんですけども、実際には(笑)

フランスのわりと近年のコメディ映画、といえば Taxiなんか、日本でも有名かと思うのですが、
じつは僕はあの映画、日本にいた時は観たことはなく、 フランスに来てから一部、偶然観て、ああ、これ、けっこう面白いんだ…と気づきました(笑)
ところが、日本に帰っている時に、たまたまTVでやっていて、
ああ、これこれ!!と思ってみてみたところ。。
日本語吹替えだと、もう、さっぱり笑えません(笑)
何が面白いんだか、さっぱり判らない;)

これなんかも、あのTaxiという映画の面白さが、
意外にもフランス語のいい方、口調、物言い、言いぐさに拠っているためだからだと思います。
少なくとも、僕にとってはそうです。

それに比べ、こちらの映画は、
これまた意外にも、というべきところ、かもしれませんが、
むしろ、フランス語が判らなくったって、
さらには、背景が判らなくったって、
ふつうに笑える場面もいろいろあるのではないか、と思います;)

これはもう、明らかに海賊版なので、早晩削除されるでしょうが;)
http://youtu.be/cuiSZN9d4HI

このヴィデオ、つまり本編、全編の(笑)
33分過ぎあたりのところから、
爆発後の焼け跡で、追っ手に迫られ絶体絶命、
絶対に声を出してはいけない、という場面で
Ramzyに目で合図され、
Éricが手近のパイプを得物として掴んだところ、
爆発のため高熱を帯びていて…という場面ですが、
蒸気を噴き出す手元から、パンしてきたときの
Éricの表情、
Ramzyとの目と目の無言のやり取り。
いや、ほんとバカバカしいんですけど、
思い出しただけでも笑っちゃうんですよね。。(笑)

…あと、フォトセットのいちばん下、
Éricが首からぶら下げている手首、
これは指紋認証ロックのために、悪党が探しているものですが、偶然見つけ(たしか)
お守り?と勘違いして首にかけている、ということだったと思うのですが。。
このÉricの表情、ストレイト・フェイスを見て下さい。
こうなると、もう、どんなまともなことをいわれても笑ってしまいます;)

DVDならこちら
YouTubeで正規に*レンタル*視聴することもできるようです;) http://youtu.be/fEy8qH10oo8

…あと、おまけですが、モンタージュ、
直訳では*組み立て*ですが、
つまり、映画の編集の勉強をしている(?)人がこの作品を再編集して、
ヒューマン・ドラマ、ホラー、アクション映画にそれぞれ見えてしまうような、オリジナル予告編を作っているのも見かけました:
http://youtu.be/DVG0391tnNc

これなんかも、あえてこの作品、
このバカ映画でここまでできるんだったら、もう、何でもできるだろう。。
とモンタージュの力のすごさを確実に例証できる、ということで、素材に選ばれていることは明白。
つまり、それくらい典型的な、ダメダメ映画、ということです。
褒めてないみたいだけど、褒めてます!!


yuichihiranaka:
この記事は面白かったですか? ソーシャルメディアでも更新をフォローして下さい。

…既にフォロー済みですか? それではGoogle提供のクリック広告をどうぞ;)